アフターピルとは?

望まれない妊娠

 

性行為の後に服用すれば高い確率で妊娠を防ぐことのできる薬をアフターピル(緊急避妊薬)といいます。

 

日本では2011年に承認された「ノルレボ」というアフターピルが病院で処方されるようになりました。

 

「ノルレボ」は性行為後から72時間以内に服用すれば排卵を抑制して高い確率で妊娠を防いでくれるので、避妊に失敗した時や、性犯罪の被害にあった時など、望まない妊娠を防ぐために服用します。

 

しかし日本国内では医療機関での処方に限られるため、学校や仕事などですぐに病院に行けない女性が多く、受診をためらう女性も多いというのが現状です。

 

しかも日本で承認されている「ノルレボ」は保険適用外になるため、価格がなんと1錠で約15000円と高額です。

 

1錠15000円ということは、同じ保険適用外のバイアグラのなんと10倍!!

 

このため「高い」などの理由で購入することができない若い女性も多くいます。

 

海外ではアフターピルは当たり前

海外ではアフターピルは当たり前
欧米諸国ではアフターピルは当たり前の存在で、当然ドラッグストアでも売られていますし、普通に自販機で売っている国すらあります。

 

日本でいうコンドームと同じような感覚ですね。

 

そもそも日本では避妊が男性主体の傾向が強いというのが問題ですので、女性主体の避妊の方法がもっとメジャーになってもいいと思うんですが。

 

日本でも2017年に厚生労働省がアフターピルの市販化を検討しましたが、「悪用や乱用の恐れがある」「性教育そのものが遅れている」という理由から見送られた経緯があります。

 

オンライン診療も可能に?

オンライン診療も可能に?
最近になってアフターピルのオンライン処方を認めるということがニュースでも報じられましたが、その場合、近くに受診可能な医療機関がない、または性犯罪の被害を受けた人に限るという案が出ており、利用できる人がかなり制限される可能性があります。

 

オンライン診療も可能に

 

これについては、そもそも性被害にあったことを誰が認定するのか?身元を明かして性被害を申告する女性がどれくらいいるのかなど、まだまだ問題は山積みのようです。

 

やはり女性の精神的な負担を少しでも軽くできるような、そんな対策を考えてほしいものです。

 

現状の問題点

KITAZATOが思うに今の日本でのアフターピルの問題は、妊娠する可能性があると思った時点で、すぐにアフターピルを服用できないことだと思います。

 

アフターピルは性行為の後、72時間(3日間)までに服用すればいいとされていますが、当然遅くなればなるほど妊娠の可能性は高くなっていきます。

 

性行為後、3日の間に病院に行けないことだって仕事の関係上当然あるわけです。

 

アフターピル通販

 

しかも、アフターピルは1回の受診で1錠のみの処方なのでストックできないのです。

 

さらにバイアグラの10倍という価格。

 

これでは望まない妊娠がまだまだ増える可能性がありますので、女性たちが少しでも安心してアフターピルを使えるような環境に日本もなってほしいですね。

 

日本でも通販ならアフターピルを購入することが出来る!!

海外では当たり前のようにドラッグストアで買えるメジャーな薬ですので、当然「ノルレボ」以外にも多くのアフターピルがあります。

 

通販で買える代表的なアフターピルが「アイピル」です。

 

アイピル

 

この「アイピル」は日本でも処方される「ノルレボ」のジェネリックですが、ノルレボと同一成分、同一の効果で、性行為後72時間以内に服用することで、100%に近い確率で妊娠を回避することができる高い避妊効果と安全性をもったアフターピルです。

 

日本では承認されていない薬ですので購入には個人輸入代行サイトを利用することになります。

 

※アイピルの個人輸入は自身の使用に限り厚生労働省により法律で認められています。

 

アイピルの効果

アイピルは避妊ができなかった性行為後、早急に1錠を服用します。

 

アイピルの効果

 

アイピルの避妊効果は3段階になっており、まず排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を抑え、精子を子宮内に侵入しにくくする効果があります。

 

性行為後、時間が経てば経つほど排卵、受精、着床していく可能性が高まるため、アイピルの効果を最大限に活かすには時間との勝負になります。

 

従来のアフターピルは時間を空けて2回服用する必要がありましたが、アイピルは1回きりの服用で済み副作用も軽いのが特徴です。

 

アイピルの使用禁忌・併用禁忌・注意事項

以下のような方はアイピルを服用することができません。

 

アイピルの使用禁忌・併用禁忌・注意事項

  • 低用量ピルやアフターピルでアレルギー反応を起こしたことがある方。
  • 心血管性疾患、肝障害、腎障害、乳癌・子宮癌などの女性疾患のある方。
  • 授乳中の人は乳汁に薬の成分が移行する可能性があるため、アイピル服用後24時間以内の授乳は控えてください。
  • C型慢性肝炎治療薬のオムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル(商品名ヴィキラックス)はアフターピルや低用量ピル全般と併用禁忌です。
  • セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)を含む健康食品やサプリメントはピルの効果が減弱する恐れがあるので併用出来ません。

アイピルは緊急避妊薬であり、妊娠中絶薬ではありません。

 

アイピル通販での購入方法

アイピルは海外の認可医薬品のため、病院では処方してもらえません。

 

ですので購入には個人輸入代行サイトを利用します。

 

利用するのは 【KITAZATOクリニック】でもおすすめしている海外医薬品個人輸入代行大手の「BEST KENKO(ベストケンコー)」さんです。

 

「BEST KENKO(ベストケンコー)」さんではアフターピルの「アイピル」を格安で購入することが出来ます。

 

アイピル通販での購入方法

 

ノルレボ1錠15000円に対して、アイピル1錠983円〜。

 

ただ、個人輸入代行サイトでは注文してから到着までに7日〜10日ほどかかりますので、いざというときにすぐに手に入るものではありません。

 

しかし「BEST KENKO(ベストケンコー)」さんではアイピルのまとめ買いが出来るので、何かあった時の御守り用にストックしておくのもいいと思います。

 

アイピル個人輸入代行利用の流れ≫

 

アイピル(緊急避妊薬)の必要性

女性がアイピル(緊急避妊薬)を必要とする場合は、

 

性犯罪の被害にあった
避妊をせずにセックスをしてしまった
コンドームが破れた

 

女性自身が妊娠を望んでいないにも関わらず、こういった状況で妊娠の恐れを避けられないケースも多々あります。

 

避妊の失敗は誰にでも起こりうることなのです。

 

ですがアイピルを常備しておけば不慮の事態でも即座に対応することが出来ます。

 

万が一の時のためにアイピル(緊急避妊薬)はあなたの強い味方になってくれるはずです。

 

アイピル詳細

アイピル(ノルレボ)アフターピル
ベストケンコーのアイピル(ノルレボ)アフターピル

内容量 1錠/箱
剤形 タブレット剤
有効成分 Levonorgestrel(レボノルゲストレル)1.5mg
製造会社 Piramal Healthcare (ピラマル・ヘルスケア)

低用量ピル・避妊薬はこちら

アフターピル通販記事一覧

今、ネットでも購入できる緊急避妊薬として有名なのがi-pill(アイピル)です。現在国内で処方されるアフターピルはノルレボが有名ですが、そのジェネリック医薬品がこのi-pill(アイピル)となります。アイピルの有効成分レボノルゲストレルは急激にホルモンバランスを変化させることが出来る黄体ホルモンです。このレボノルゲストレルが排卵を抑制し、タイミングを遅らせることで受精卵が着床しづらくなる環境を作り...

こんにちはKITAZATOです。緊急避妊薬(アフターピル)のノルレボのジェネリックで人気のi-pill(アイピル)の口コミや使用した人の感想をお届けします。避妊に失敗した時などに緊急的に使用するアフターピルですが、国内処方では1錠で15000円と高額。そのため、緊急性を要することからお守り代わりにジェネリックのi-pill(アイピル)を購入する女性が急増中。そんなのi-pill(アイピル)の生の口...