i-pill(アイピル)の効果と役割

今、ネットでも購入できる緊急避妊薬として有名なのがi-pill(アイピル)です。

 

アイピルの効果と副作用について

 

現在国内で処方されるアフターピルはノルレボが有名ですが、そのジェネリック医薬品がこのi-pill(アイピル)となります。

 

アイピルの有効成分レボノルゲストレルは急激にホルモンバランスを変化させることが出来る黄体ホルモンです。

 

このレボノルゲストレルが排卵を抑制し、タイミングを遅らせることで受精卵が着床しづらくなる環境を作り出します。

 

つまり避妊に失敗しても強制的に卵子がいない状態を作り出してくれるわけです。

 

さらにレボノルゲストレルは子宮内膜の増殖を抑える効果もあり、もし仮に排卵が受精したとしても受精卵が着床しにくくすることできるので大幅に妊娠のリスクを回避できます。

 

ただしアイピルを服用する場合、性行為から24時間以内の服用が理想で24時間以内なら約95%の確率で妊娠を防ぐことが出来ます。

 

アイピルの効果と副作用について

 

72時間以内の服用だと約75%の確率になり、それ以降になると約50%まで下がるのでアイピルの効果を最大限に活かすには少しでも早い服用がカギになってきます。。

 

ノルレボ法とは?

ノレルボ法とは72時間以内にノレルボ錠を1錠飲むだけの緊急避妊法で2011年に初めて日本でも承認されました。現在国内の病院のほとんどがこのノルレボ法が行っており、その安全性が認められています。(アイピルはノレルボ錠のジェネリックなのでノレルボ法で服用します)

 

アイピルの副作用

アイピルの副作用
アイピルはノレルボ錠のジェネリックなので成分も先発薬のノルレボ錠と同じなため、副作用も同じ症状が表れます。

 

服用によってホルモンバランスが崩れるため、吐き気・頭痛・倦怠感・下腹部鈍痛・乳房の張りなどが副作用の症状として表れることがあります。

 

ただすべての副作用は軽いことが多く、服用後1〜2日で症状はある程度改善します。

 

アイピル服用後に嘔吐するケースも稀に起こりますが、服用後2時間以上経過していれば特に問題はありません。

 

もし2時間以内の嘔吐だった場合は薬の成分が十分に吸収されていない場合があるので、再度の服用が必要になります。

 

また、低用量ピルなどに起こりやすい重大な副作用として血栓症がありますが、アイピルは1錠飲むだけなのでそれほど心配する必要はありません。

 

しかしそういった副作用も起こりうるということだけは認識しておいてください。

 

アイピルの生理への影響

アイピルの生理への影響
アイピルを正しく服用し避妊が成功した時は生理が来ます。

 

人によってその周期はまちまちですが、排卵前〜排卵期にアイピルを服用すると予定日より早くに生理がくる傾向があります。

 

排卵後にアイピルを服用すると予定日通りに生理がくることが多くなります。

 

アイピルを服用すると生理周期をコントロールするホルモンのリズムが一時的に崩れるため、アイピルを服用した周期は生理の時期がズレたり不正出血することがありますが、これは一時的なものなのであまり心配する必要はありません。

 

アイピルを服用して3週間以上経過しても生理がない場合は妊娠している可能性があります。

 

将来の妊娠への影響

妊娠への影響
アイピルを服用したからといって将来妊娠しにくくなるといったことはありません。

 

また妊娠していることに気付かずにアイピルを服用したとしても胎児への影響もほとんどありませんので安心してください。

 

アイピルの購入方法についてはこちらをご覧ください。

 

アイピルの効果と副作用について
アイピル(ノルレボ)アフターピル

内容量 1錠/箱
剤形 タブレット剤
有効成分 Levonorgestrel(レボノルゲストレル)1.5mg
製造会社 Piramal Healthcare (ピラマル・ヘルスケア)