インドのムンバイに本社を構える製薬会社

カマグラをはじめ多くのジェネリック医薬品を世に送り出しているアジャンタファーマ社はインドのムンバイに本社を構える製薬会社で設立は1973年。

 

2000年にはインドの株式市場にも上場していて従業員数は全世界で6500人以上という大企業です。

 

アジャンタ・ファーマ社とは?

 

日本でも愛用者の多いカマグラの他に、KITAZATOクリニックで紹介しているスーパーカマグラ、ラブグラ、レビドラのジェネリック「バリフ」、シアリスのジェネリック「タダリス」なども製造しています。

 

アジャンタ・ファーマ社とは?

 

インド製のジェネリック医薬品と言えば日本ではなにかと疑いを持たれがちですが、そもそもインドは世界第4位の製薬大国で、その中でもアジャンタファーマ社はジェネリック医薬品にかけては世界トップクラスの技術を持っていますので、高品質で安全な医薬品だと言えます。

 

アメリカをはじめ世界中でアジャンタファーマ社のジェネリック医薬品が提供されているのが何よりの証拠ですね。

 

アジャンタファーマ社が製造するジェネリック医薬品

アジャンタファーマ社が製造するEDに関するジェネリック医薬品で最も有名で愛用者が多いのが皆さんもご存じの「カマグラ」です。

 

カマグラ

 

「カマグラ」はバイアグラのジェネリック医薬品で、バイアグラと同じシルデナフィルを有効成分としていてEDに絶大な効果を発揮するED治療薬です。

 

またアジャンタファーマ社はこのカマグラをゼリー状にする革新的な研究技術も持っていて、実際に「カマグラオーラルジェリーセット」も製造販売しています。

 

カマグラオーラルジェリーセット

 

また世界初の女性用バイアグラとして世界中で愛用されている「ウーメラ」のジェネリックの「ラブグラ」やEDと早漏を同時に治せる配合剤の「スーパーカマグラ」もアジャンタファーマ社のオリジナル医薬品です。

 

ラブグラ・スーパーカマグラ

 

アジャンタファーマ社のジェネリックが購入できるのは個人輸入のみ

ジェネリック医薬品といえば、先発品と同じ効果を得られる上に安い価格で手に入ることから世界中で愛用者を増やしていますが、残念ながらアジャンタファーマ社のジェネリック医薬品を日本国内のドラッグストアで購入することは出来ません。

 

また国内の病院での処方も行われていません。

 

日本国内ではED治療薬は先発品も日本製ジェネリックも保険適用外の薬になるのでジェネリックといえどもどうしても高価になってしまいます。

 

先発品のバイアグラで1錠1500円程度、日本製ジェネリックでも1錠1000円はする高価な薬です。

 

しかしアジャンタファーマ社のジェネリックを個人輸入すれば半額以下で購入することが出来るのでコストもかからず大変お得です。

 

実際、日本国内でもアジャンタファーマ社のジェネリック医薬品を愛用している人が数多くいるので、一度試してみてはいかがでしょう。

 

海外ジェネリック医薬品の個人輸入についてはこちら≫