お酒を飲んでの服用はNG?

お酒との相性は
有効成分のシルデナフィルはお酒のと相性は決して悪くはありません。

 

食事の影響はかなり受けやすいですが、少量の飲酒ならお酒によるリラックス効果も期待できるので特に問題はありません。

 

ただし過度の飲酒は逆に薬の効果を鈍らせてしまう原因になるのでお勧めできません。

 

お酒との相性は?

 

容量・用法を守って正しい服用を

シルデナフィルを有効成分とするバイアグラをはじめ、カマグラ、スーパーカマグラ、ラブグラにはシルデナフィル特有の副作用が確認されていますが、普段と違う飲み方をした時などに気になる症状が出たときは速やかに医師の診察を受けるようにしてください。

 

容量を多くすればするほど身体に負担がかかるので、特にラブグラなど女性用バイアグラの場合、身体の小さい女性が服用することを考えて、少量から服用して様子を見ながら徐々に服用量を増やすようにしてください。

 

容量・用法を守って正しい服用を

 

シルデナフィルは容量・用法を守って服用すれば特に危険なことはありません。

 

ただ自分に合った容量でないと思わぬ症状が出る可能性があるので、特に初めて飲む場合は25mg(0.25錠)から服用するようにしてください。

 

KITAZATOメモ

皆さん、薬の服用についてどれだけ理解されてるでしょうか?

 

誰しも病院で診察を受けて処方箋をもらい薬を受け取ったことがあると思いますが、副作用のところ気にして見てますか?

 

医薬品には必ずと言っていいほど副作用の記載があります。

 

「薬を飲んだあとは眠くなる」

 

これは風邪薬などに多い副作用なので知っている人も多いかと思いますが、ほとんどの人は薬の効果は気にしても副作用を気にする人はあまりいないと思います。それは処方されるほとんどの薬の副作用があまり強くないからです。

 

ED治療薬に処方箋が必要なのはまさにこういうところで、ED治療薬の副作用がしっかりと体感できるものだからです。

 

シルデナフィルは血管拡張という作用から、飲んだ後、明らかに「どくん」と動機を感じることがあります。

 

「効いてきた」ことを体で感じることが出来る薬ですので当然、副作用も明らかに飲む前とは違う症状を感じ取れます。

 

おそらく多くの人が「これが副作用か」と思うことになるでしょう。

 

効果と副作用を理解しておけば、特に不安になることもありませんが、何も知らずに飲むときっと恐ろしいと思いますので、ED治療薬の副作用に関してはきっちりと理解しておいてくださいね。