EDの原因とタイプ

主に40代の5人に1人、50代の2.5人に1人がこのEDに悩んでいると言われますが、最近では精神的なストレスからくるEDも多く、30代でもEDになるケースが増えています。

 

また「たまに勃起しない」「途中で萎えてしまうことがある」といういわゆる中折れも立派なEDの症状です。

 

ED(勃起不全)とは?

 

EDのタイプ

EDの原因は人によって様々ですがEDには大きくわけて4つのタイプに分類されます。

 

器質性ED

器質性EDとは身体に何らかの異常があって物理的に勃起しないEDのことを言います。

 

不慮な事故などでの血管障害や神経障害によるものに加え、生活習慣病(高血圧・糖尿病)なども血管に負担をかけ動脈硬化を進行させることから血の巡りが悪くなEDになる確率が高くなります。

 

また加齢や喫煙、飲酒などもこの器質性EDにあたることから50代の男性に多いEDと言われています。

 

心因性ED

心因性EDとは精神的なストレスからくるEDで日常生活におけるストレスやセックスに対するトラウマなどが原因で起こるEDです。

 

心因性EDは年齢からくるものではなく、比較的経験の浅い10代〜20代の男性にも起こりうるEDです。

 

また30代などの男性にも多く、子作りしたい妻からのプレッシャーなどが原因になる場合もあります。

 

薬剤性ED

薬剤性EDとは服用している薬が原因で起こるEDのことです。

 

中枢神経に作用する抗うつ薬・向精神薬・睡眠薬などの他、末梢神経に作用する筋弛緩薬、鎮けい薬、麻酔薬、循環器系に作用する不整脈治療薬、降圧剤なども薬剤性EDの原因になる場合があります。

 

混合型ED

混合型EDとは上記3つのEDが組み合わさって起こるEDのことです。

 

加齢によるEDとストレスによるED、薬の夜EDと精神的なEDが合わさって起こるEDなので原因を完全に特定することが困難になります。

 

EDの治療にはどんなものがあるのか?

ED治療薬

一般的に多く知られているのがバイアグラをはじめとするED治療薬の服用です。

 

ED治療薬を服用し効果があるかどうかで治療方針を決定します。

 

約80%の人がこのED治療薬でEDの改善がみられることからもっともポピュラーな治療方法だと言えます。

 

主なED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスなどの日本国内で処方されるED治療薬ですが、最近では数多くのジェネリック医薬品も発売されていることから選択肢はかなり増えつつあります。

即効性のあるICI治療

ICI治療とは10年ほど前から世界中において実施されている治療法で、バイアグラなどのED治療薬で効果がなかった人に有効な治療方法です。

 

陰部に直接注射するので勇気がいりますが、重度の糖尿病があったり、心臓に疾患を持っている方でも受けられるのが特徴です。

 

ICI治療を受けた人の98%が効果があると言われていますが、このICI治療は日本では未承認のため保険適用外になります。

 

しかも1回受けるごとに約1万円の費用がかかるため経済的負担も大きくなります。

 

そしてICI治療を行っているクリニックもまだまだ少ないというのが現状です。

 

根本的なED改善

ED治療薬やICI治療は確実にEDの症状を改善してくれますが、あくまで一時的な改善であって、根本的解決ではありません。

 

そのため根本的にEDを改善したいのであればEDになった原因を突き止めなければなりません。

 

精力が衰える原因は様々ですが主に栄養不足や運動不足が挙げられます。

 

時間こそかかりますがこれらの原因を少しずつでも改善していくことによって、EDも改善の方向に向かいやすくなります。

 

そもそも血流の流れが悪くなることによって起こりやすいEDですので、必要な栄養素を摂取して血液をサラサラに保つことが大切です。

 

なので「魚」「海草」「納豆」「酢」などを積極的に採るようにすることで食生活からEDを改善することが出来ます。

 

また運動不足による勃起不全には下半身を鍛えるスクワットが良いとされています。

 

毎日少しずつでも筋トレをすると勃起力も上がっていくはずです。

 

適度な運動と適度な栄養バランスは勃起力を上げるのに重要な要素であることを理解しておいてください。

 

根本的なED改善

 

妻だけEDとは

妻だけEDとは
上記4つのEDに加え、現代でよく言われているEDが「妻だけED」です。

 

読んで字のごとく、妻にだけ勃起しないEDの事を俗に「妻だけED」と言います。

 

「妻が結婚してから極端に太った」など容姿が変わってしまった場合や出産を機に妻を女性として見るのではなく家族、子供の母親としてしか見れなくなっりすることから性的対象でなくなり「妻だけED」になることがあります。

 

最近では妊活中の夫婦の間で、「またダメかもしれない」「過度なプレッシャー」などが原因でこの「妻だけED」になるケースも増えています。

 

この「妻だけED」になると、他では勃起するのに妻の前だけでは勃起しないということが起こるため、夫婦間での大きな問題になることも多々あります。

 

精神的なことが原因なので心因性EDということになりますが、他では問題ないわけなのでここらへんがややこしいところです。

 

ED(勃起不全)とは?

 

これによってセックスレスに発展する場合も多く、離婚の原因にもなりかねない由々しき問題です。

 

残念ながら「妻だけED」の解決にこれといった正解はありませんが、「妻だけED」を自覚したら夫婦間で努力することで解消されることもあるので、しっかり話し合って解決の道を探るようにしましょう。

 

ED治療薬体験談

ED薬活用性活
精神的なものが問題だと、二十歳の頃に泌尿器の医師に言われました。全国でも割と有名な風俗街がある地元の、古い泌尿器科でそう診断された。まさか自分がそんな病院のお世話になるとは思ってもみなかったが、初めての行為に7〜8回も勃たずに失敗した当時の自分には、助けてもらいたい心境でした。初めて処方してもらった「バイアグラ50mg」は、結果から言うと効果てきめんだった。彼女には振られていた為、3万円払ったソープで効果を試す為に来店。勃起はしたが、上手く腰が触れずにフィニッシュまで行かず。3万円の勉強料を払って終了した。約10年後の現在も、実はED薬を服用しています。勢いで作ったタイプではない彼女の為、そして自分の為に。ED薬はまったくもって怖い薬ではありません。元々血圧を下げる為に開発された薬なので、顔がほてったり、鼻詰まりのような副作用はありますが、個人差があり、生活や性行為に支障が出る程ではありません。効果を発揮する為には、空腹時に飲むのが望ましい。私も満腹時に飲んだ事がありますが、あまり効果はありませんでした。軽く勃起する程度です。しっかりと用法用量を守れば、効果は凄いと言えます。軽い性衝動、つまり大してタイプじゃない相手でも堅くなりますし、萎えても少しいじればすぐ復活するという感じです。普段と違って、芯から堅くなるのが実感できます。むしろ一回で終わってしまうと、夜にまた復活してちょっと痛い位です。保険適用外の金額で少々高くはなりますが、男の自己投資としては安いものです。自信と堅さを手に入れる為に、試す価値は大いにあると、私は断言できます。

ED改善薬バイアグラで勃起不全を実際に治しました
現在私は39歳の男です。3年前に妻と営みをしているときに、中折れ状態になることが多く大変困っていました。なんとかならないものかと調べたところ、地元に名医と呼ばれる泌尿器科クリニックがあったので相談に行きました。ドクターに症状を詳しく話すと、心理的なものが原因で勃起不全になっている可能性が高いと言われました。そこで医師には、「自然な勃起をすることができる」という「バイアグラ」という薬を処方されました。この薬は性的興奮をうけると自然な勃起をうながす薬であると説明されました。EDはまだ年齢が若い場合は、相手を満足させなければいけないという気持ちが強かったり、性行為でうまくいかない経験があると起きやすいと言われました。バイアグラは性行為をする1時間ぐらい前に飲めば大丈夫だと言われました。半信半疑だったのですが、実際に薬を飲んで妻とホテルにいくと不全になる前より、満足のいく性行為ができました。妻も喜んでくれて、次からは薬なしで行為に及べるようになりました。その一度バイアグラを使っただけで私のEDは治りました。病院に行くときは若い看護師さんがいて恥ずかしかったですが、勇気を出して診察に行って良かったです。現在あれから3年経ちますが、何の問題もなく性行為ができています。悩んでいる方はこういう治療薬に頼るのもED改善方法の一つとしておススメします。

バイアグラ服用の感想
大分前になってしまいますが、10年以上前ににバイアグラを使ったことがあります。話のネタに使ってみようと思い、持病があったのでいつもかかっている医師に相談して処方してもらいました。「まだ使うような歳でもないのに・・・・・・・」と言われましたが(笑)使ってみた感想「半勃ち状態を持続するんだ」と思いました。陰部の血の流れを良くして勃起をさせるので、当たり前と言えば当たり前ですが。当然副作用もあり、私は軽い頭痛(頭が重いと感じて、少し頭が痛む)と顔のほてりでした。
陰部以外の血の流れも良くするので、脳の血の流れが良くなり、血管が広がって頭痛が起こるのかなと思いました。服用して1-2時間後に効き始めてきます。刺激をがあると半勃ち状態にすぐなる感じです。そこから刺激を与えるとある程度は硬くなりますが、ギンギンに硬くなるという訳ではなかったです。普通は刺激をなくすと勃たない状態になりますが、薬を飲むとある程度の硬さをを持った状態(半勃ち状態)で落ち着きます。いつもなら勃つけど持続せず、全然勃たなかったのが、持続した半勃ち状態になるので、精神的に楽だったのを覚えています。薬は結構長く効いていて、丸一日とまでいきませんが、次の日までは効いていました。

ED治療薬「シアリス」の効果
私は現在40代前半の既婚者です。私は20代の頃から性行為中に勃起しないことに気づきました。最初はあまり深く考えていなかったのですが、30歳を過ぎて今の妻とお付き合いをしている頃に、勃起しないことに不安感を感じた妻がEDではないかと心配してくれました。またこのまま性行為が成立しない場合は子供の出産にも影響してくるため、今後の結婚やお付き合いは難しいとも切り出されました。それをきっかけに真剣にEDに向き合い、治療薬を飲んでみようと考えました。ED治療薬というと「バイアグラ」しか思い浮かばず、副作用で体調を崩したりするのではというマイナスイメージしかありませんでしたが、インターネットで調べると、他にもレビトラ、シアリスという薬も存在し、きちんと医師の診断を受けて処方してもらえれば大丈夫ということが分かり、早速病院を受診しました。ED治療薬は食事を採る時間にも影響されるとのことでしたが、夜にデートし食事をした後に性行為に及ぶことを考えると、食事に影響されないシアリスが良いと思い、シアリス20mgを服用することにしました。妻にも服用することを伝え、性行為の2時間程前には服用しました。初めて服用するときは副作用が心配でしたが、多少身体全体に火照りが出たくらいで、それ以外は平気でした。その後性行為が始まると、確かに多少は勃起するがあまり効いている感じはなくショックを受けましたが、驚いたのはその翌日の朝。妻と性行為に及んだのですが、驚くほどの効果が出て、今までに経験したことのないような勃起具合。妻も驚いていました。そしてその効果は2日ほど続きました。効果が切れるとまた勃起しない状況に戻るのですが、2回目以降の服用では飲んだ数時間後からしっかりと効果が現れました。以降シアリスを服用すればほぼ100%勃起する状態になりました。今では子供の2人授かり、ED治療薬のおかげで生活が楽しくなりました。EDそのものが完治することはないかもしれませんが、この治療薬があることでEDの症状がない方と同様の生活ができると思います。また、治療薬の種類もいろいろありますし、本人に合った治療薬が必ずあると思います。薬の費用も決して安くはありませんが、費用以上の楽しく明るい生活が待っています。多くの悩んでいる男性に勇気を持って病院を受診し服用していただきたい治療薬です。

 

ED治療にジェネリックをおすすめする理由≫