バイアグラとは?

バイアグラとは1998年5月に米国ファイザー社より発売された世界初のED治療薬です。

 

バイアグラのジェネリック

 

2019年現在では世界110ヶ国以上で発売されている正真正銘の世界一有名な薬でもありますね。

 

EDは知らなくてもバイアグラという名前は聞いたことがあるって人も多いんじゃないでしょうか。

 

日本では1999年1月に承認され、同年3月に正式に発売が始まりましたが、国内正規品のバイアグラは病院での処方に限られており、しかも保険適用外なので薬代はすべて実費となります。

 

バイアグラのジェネリック

 

一般的にバイアグラは100mg錠、50mg錠、25mg錠がありますが、国内で承認されているのは50mg錠、25mg錠のみになります。

 

有効成分はシルデナフィルという成分で、元々このシルデナフィルは狭心症の治療薬として研究される過程で勃起不全を解消できる効果があることが認められました。

 

バイアグラは青色のひし形錠剤で一目見ればバイアグラと分かる特徴を持っています。

 

バイアグラのジェネリック

バイアグラのジェネリック
ジェネリックとは先発医薬品(ここでいうバイアグラ)の特許が切れたあとに販売される同じ有効成分で効き目や安全性が同等の薬のことを言います。

 

先発医薬品よりも研究費や開発費が抑えられるため先発医薬品よりも低価格で購入できます。

 

世界一有名なバイアグラなだけに当サイトで紹介している人気のカマグラや他にも全世界で多くのジェネリック医薬品が発売されています。

 

代表的なバイアグラジェネリック

カマグラゴールド100mg
センフォース100mg
シログラ100mg
フィルデナ・プロ100mg

正規品とジェネリックの違い

正規品のバイアグラとジェネリックの違いについてですが、特に違いはありません。

 

パッケージや薬の形状こそ違うものの、どちらも同じ有効成分のシルデナフィルを配合しているためその効果や持続時間に大きな差はありません。

 

ただ国内で処方されるバイアグラと海外の正規品バイアグラおよびジェネリック医薬品は容量が違うことが多いです。

 

国内正規品のバイアグラが50mgまでの認可なのに対して、海外では100mgまで認可されていることが多いからです。

 

さらに言うなら国内正規品は1錠1500円ほどかかりますが、海外のジェネリックは1錠を半分に割って飲むので約564円〜746円ほどで購入出来ます。

 

正規品とジェネリックの違い

 

正規品とジェネリックではこれだけコストが変わるということです。

 

ただ海外のジェネリック医薬品を購入する場合は国内で承認されていないため個人輸入代行サイトを利用して購入することが必須です。

 

バイアグラのジェネリック

 

どちらを服用するかは個人の自由ですが、継続して服用することが大前提ならジェネリックのほうがお財布にも優しく、長く使用することが出来ると思います。
※あくまでジェネリックが偽物でないことが前提です。

 

ジェネリックの購入におすすめの個人輸入代行サイト≫